無料ブログはココログ

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

2015年8月22日 (土)

海外版

海外版
送られてきた
どこかの国の「ワルツのお時間」。


装丁が凄い凝ってる(゜ロ゜;ノ)ノ
可愛い!!


三巻セットになってるんです。


メイン絵
主人公コンビじゃないのねw


このコンビのほうが確かに絵になるもんなぁ。

2015年8月18日 (火)

胸熱

胸熱
胸熱
子供のころ日曜のこの時間が楽しみでした。

一年で1シリーズだったから
次の年は何をやるんだろうとワクワクしたり。


会場には主題歌が映像と一緒に流されてて
その場からなかなか離れられなかったわ(。>д<)


でも
私のがっつり世代だった
フローネから若草物語までのモニターが
めちゃめちゃ音が小さくて主題歌が全然聞こえなかったのが
なんでーー(´;ω;`)でした・・・


名作劇場の主題歌はどれもいい曲ばかり。


日本アニメーションさま
生涯心に残る名作を沢山
ありがとうございました!!


更なる名作の誕生が楽しみです(*´∀`)

2015年8月16日 (日)

もひとつ

もひとつ
2巻発売でもう1つ嬉しかったこと。


石塚真一先生から
帯コメントをいただけたーーm(。≧Д≦。)m

私的には黒字の部分の言葉がぐっときました。


お忙しい中ほんとに恐縮です。

この帯は宝物です(*´∀`)

Dsc_0716

石井スポーツさんへサインを書きに参上した日、

イラストレーターの鈴木みきさんもサイン本の納品でいらしゃって

ご挨拶することができました^^


鈴木さんは山小屋で働いた経験もあって

連載を始める前

そのエッセイマンガを読ませていただいて

溢れるユーモアとわかり易さとなにより山が好きって気持ちが伝わってきて

すぐ虜になったのでお会いできて凄く嬉しかったです^^



実際ご本人も

気さくで朗らかで山の空気を感じ方で


その後ずうずうしくも本の打ち上げにお邪魔させていただいたのですが

あっという間に時間がすぎてしまうほど楽しい時間でした!!



またの機会があったらいいなと思います。


鈴木さんのブログ

にもちょっとその様子があったりします^^


山好きの方に

ハイジ~のお墨付きももらって!

やったーーー!!

2015年8月14日 (金)

2巻

2巻
「ハイジと山男」2巻が発売されております!

また石井スポーツさんにサイン本置かせていただきました。


1巻も追加でまたサイン書きました!


イラストつきですが
1巻と2巻ではキャラクターが違うのです(^^)


こういうところに置かせていただけるの
本当にありがたいです。

嬉しい出会いもあったので(*^▽^*)


また改めて記事にしたいと思います!

2015年8月12日 (水)

22年かぁ

22年かぁ
あなたの今までの生涯で見た映画ベスト10をあげて下さいと言われたら

間違いなく選ぶのが
「ジュラシックパーク」

衝撃を受けたなら、ベスト3に入るかも。

映画館に何回見に行ったかわからない・・・


もう20年以上もたつなんて・・・

ワールドは作りがパークと同じになってるので
もう懐かしくてしかたなかった。
パークの門をくぐるとことか
かかる音楽とか
それだけでこみあげるものが・・・


ずるいワ(>_<)!

ワールドを観て、
改めてパークはよくできてたなぁ〜と実感もさせられたわけで。


ロマンとかもあったし。
ただのパニック映画ではないところがあった!


ワールドも人間のほうにもう少し魅力があったらよかったのにな。

その人じゃなきゃダメな役割とか・・・

大事!


まぁ
主役は恐竜ってことかな。
ほんとカッコイイ。


ラプトルに獲物追わせるシーンが
かっこよすぎてやばかったし。


とにかく2時間ドキドキしっぱなしだったから
映画鑑賞のわりに
カロリーを消費したかも!

2015年8月 3日 (月)

13話

13話
発売中のBE-LOVE16号に
「ハイジと山男」13話を載せてもらっております!

基本小屋内が舞台の漫画ですが
今回はパーっと(?)
小屋を飛び出し
山フェスで楽しむ3人が見所です(^^)


舞台になっている
涸沢にも
「涸沢フェス」という大きなイベントがあって
ヨガをしたりコンサートがあったりで、

一度は体験してみたいフェスです。


標高2000メートルの場所でできることとは思えませんよね。

山の人間の行動力には沢山驚かされます!


漫画のほうは
もう少し標高の低い所でやってる設定です。

夜のシーンがお気に入りです(^o^)

2015年8月 2日 (日)

あっつあつ

あっつあつ
この猛烈な暑さの中
味噌煮込みうどんを食べる。

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »